一昔前、放射線は水虫治療にも使われていましたが、現在ではこのような治療法は笑い話の種となっています。

日本で毎年、数千万人が各種の検診で放射線を受けていますが、将来、笑い話の種になりかねません。

しかし笑えないことは、このような検診でガンでもない人が発ガンしていることであり、ここには白血病も含まれます。

日本の医療での放射線による被爆レベルは世界平均の4~5倍であり、原爆被爆国として放射線の危険性について特別な発言権を持つ、などと言われますが、全く根拠が無いことだと思われます。

そして、無意味な歯のX線写真を繰り返す歯科医も多く見受けられます。

untitled

放射線技師や医師などについては、浴びる放射線量は法律で定められていますが、患者さんにはなく、放射線の浴び放題となっています。

・放射線を長期間浴びる
・化学物質を長年取り扱う
・火傷の傷が何年も治らない

などというのはガン体質の兆候であり、これらの人たちにガンが発生しやすいことが経験的に知られています。

医者はX線に発ガン性がある事をよく知っているので、自分を保護する意味においても、訴訟問題が発生すると困るので、診断の目的にはX線をごく微量でしか用いません。

現代医学は放射線を充分にコントロールする技術を持ち、人体への悪影響なしに放射線をガンに対する武器として使用できるという主張があります。

手術にせよ放射線にせよ、自宅では不可能であるから、病院に入院する以外にないと言いたいのだと考えられますが、実は、放射線にも少々問題があるのです。

ガン細胞の分裂、増殖は一般に思われていたよりも速度が遅く、正常細胞の方が活発であるため、放射線療法はその基盤を失いました。

一応の説明としては、放射線の持つ電離作用を利用して、ガン細胞に生化学反応を起こさせると、細胞の制御・抑制から細胞自体の「死」を招くとされています。

しかし、放射線が直接に細胞を殺すのか、或いは水分が電離されて生成される水酸イオンの強い酸化作用に細胞が傷つけられて死に至るかは不明であり、何やら適当に放射線を浴びせると、ガン細胞の変化が期待されるということになります。

ただ残念なことに、変化は正常細胞にも起きてしまうことです。

何万人もの放射線科医と何億円にも相当する装置があると、嫌でも放射線照射が行われてしまう、というのは事実だろうと思われます。

【出典】自然療法 笹川英資著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. タンパク質(特に動物性タンパク質)のとり過ぎにより引き起こされる最大の弊害が骨粗鬆症。腎臓障害、ガン…
  2. 牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招く。牛乳を飲んでも骨粗鬆の予防にならないどころか、牛乳を飲めば飲むほど…
  3. 果物を食べても血糖値は急激に上昇しない。それは、果物の糖(果糖)が果物の細胞組織に拘束されているから…
  4. カラダは午前中、排泄を最も活発に行うように作られている。エネルギーを出来るだけ排泄活動の方に専念させ…
  5. ナチュラル・ハイジーンの超健康な生活を送るための超健康革命10ヶ条、その1  「バランスのとれた食事…
  6. 体には、常時ベストのコンディションを保とうとする能力(恒常性)が備わっているため、誤った生活習慣で組…
  7. 体の各部は、すべて連動して機能している。肝臓が傷つくと、全身が病気に。有害物質の解毒が出来なくなって…
  8. 「病気とは、組織を浄化し、正常な状態を取り戻すためのプロセスである。体内の毒素を取り除き、ダメージを…
  9. 病気とは、体が恒常性を保つために、体が行なう体の大掃除(有害物質の緊急排泄)なのです。有害物質の排泄…
  10. 健康のときも、病気のときも、体には同じ「生理学の法則」が支配しています。健康なときに必要としていない…
ページ上部へ戻る