暖かいところでは三月ごろ、普通は四、五月ごろ、林の斜面などに淡い可憐な花をつけるカタクリは、胃腸に優しい植物です。葉は柔らかい長楕円形で、緑色にうすい紫褐色の斑紋があり、葉も花も食用になります。

この鱗茎からは良質の澱粉がとれ、それをカタクリ粉というのはよくご存知でしょう。けれども、普通市販されているカタクリ粉は、ジャガイモかサツマイモの澱粉で、しかも漂白したものが多いのです。

■カタクリの薬効

1.下痢、嘔吐、胃腸カタル
昔から薬用として大切にされてきましたが、子供の下痢、嘔吐、大人の胃腸カタル、湿疹などには、カタクリ粉を水で溶き、火にかけて煮ると透き通ってくるので、これを食べさせると効きます。味付けは醤油少々か、ハチミツ少々に塩を入れて、うすい甘味をつけるとよいでしょう。

2.湿疹
カタクリ粉に水を加えて練り、熱は加えないで糊状にして塗ります。

3.冷え性、胃腸障害
体を温め、消化吸収を助けるので、本物のカタクリ粉は大変効果があります。

■カタクリの食用法

三~五月頃の若葉は柔らかいので、熱湯をかけて食べてもよく、味噌汁の実、ゴマ和え、酢味噌和え、クルミ和え、辛し和えなどあくがなくて素朴な味で美味しいものです。麟茎は、天ぷらや味噌煮にします。味噌煮は、油で炒めてから、ミリンと水どき味噌で味を整えます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しい。膀胱炎…
  2. 彼岸花は関節に水が溜まるなどのような病気に、目覚ましい薬効がある。優れた薬効があるのは地下の鱗茎だが…
  3. ツクシは古くから利尿薬として使われてきた。肝臓、胃腸、糖尿、高血圧、腎臓病にも薬効がある。肉を多食す…
  4. カタクリは昔から薬用として大切にされてきたが、子供の下痢、嘔吐、大人の胃腸カタル、湿疹などには、カタ…
  5. カキドオシは、胆石や腎臓結石、膀胱結石、糖尿病、神経痛の治療に効果があり、特に血糖降下作用が強いこと…
  6. ユキノシタは特に生葉に優れた効果があり、昔から民間薬として大切に扱われてきた。ミミダレグサとも言われ…
  7. アキノゲンシは野の生気に満ちて、香りも栄養も豊かな野草で、食べてもクセがなくて美味しい。ビタミンA、…
  8. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  9. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  10. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
ページ上部へ戻る