私たちが子供の頃は、紅花から作った臙脂の口紅を売っていたものです。この臙脂は主に、京都で作られていました。洋紅一辺倒のこの頃は、大量生産の化学染料の口紅で、紅花の口紅などは殆ど見かけなくなってしまいました。

六月頃、アザミに似て、黄と紅の二色が混じったきれいな花を咲かせます。万葉の昔から、布の染料や化粧料として使われてきた古い歴史を持っています。また、紅花は漢方薬としても古くから用いられ、古血(悪血)をとり去って血をきれいにする効があり、月経不順、月経困難その他、婦人病の特効薬として広く使われてきました。

また、口内が荒れたり痛んだりするのを癒す力があり、口中薬としても珍重され、唇の荒れを防ぐ効果もあるので、紅花の口紅は単に化粧品としての役目だけではなく、唇に塗ることによって浄血と荒れ止め、婦人科を丈夫にする医薬としての働きも兼ねていたのです。


・http://blog.goo.ne.jp/yoshi883t より

■紅花の薬効

1. 月経不順、生理痛、その他婦人病
よく乾燥した花3~5gを一日量として煎服します。少しずつ使うと増血し、一度に多く使うと血を下す効があります。

2. 口内炎、鵞口瘡など
口中のただれには、古くから紅花やウコン、黄柏、クチナシの実などの色素に富んだ植物が使われました。これらの炎症には、煎じ汁でうがいをします。

3.動脈硬化予防
紅花の種子の脂肪油にはリノール酸を多く含んでいるので、食用油として使うとコレステロール濃度を低くし、動脈硬化の予防になります。

4. 美容
体を温め血行をよくしますから、細胞にも活力をつけ、ホルモンのアンバランスを正す助けをします。したがって、血色がよくなり、肌の艶が出てきて、美容にも効果があります。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  2. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  3. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
  4. 紅花は万葉の昔から、布の染料や化粧料として使われてきたが、漢方薬としても古くから用いられ、古血(悪血…
  5. ハト麦は利尿、鎮痛、神経痛、リウマチ、肩凝り、腰痛、肝、腎臓病、こしけ、催乳、婦人科系病、皮膚病、そ…
  6. どこの道端でもごく普通に見られる、親しみやすいノビルは、薬用、食用として重宝する。強壮・強精剤として…
  7. タンポポは根も茎も葉も、古くから漢方薬として用いられてきた。根は特に薬効に富み、乳腺炎や母乳不足、健…
  8. ドクダミは二千年以上前から民間薬として使われてきた。浄血、利尿、殺菌、毛細血管強化、緩下、止血などに…
  9. ツワブキの葉には強い抗酸化作用のある成分が含まれ、腫れ物一般、肩凝り、火傷、乳房炎、打ち身、ひょうそ…
  10. セリはしもやけの特効薬であるだけでなく、黄疸、ハシカ、肺炎、インフルエンザなどにもよく効き、二日酔い…
ページ上部へ戻る