大根は万病に効く千両役者、葉もミネラル、ビタミンの宝庫

■大根は大根役者どころか千両役者

下手な役者さんのことを「大根役者」と言いますが、何故だかご存知ですか?大根はジアスターゼという消化酵素を含んでいるので、いくら食べてもあたりません。それで、あたらない、ヒットしない役者さんのことを大根役者というのだそうです。

でも、健康生活の上では大根は正に千両役者です。一年中親しめて、生でよし、煮てよし、乾燥してよしと、利用範囲の広い、真に重宝な野菜です。

元々大地の子である含まれています。そのため、細胞を生き生きと活気づかせるのです。

大根は、皮の部分に酵素もビタミンCも多く含まれているので、皮ごと調理しましょう。大根おろしも皮つきのまま、陶器製のおろし器を使うと、化学反応も起こらず、辛味も残りにくいものです。また、ゆっくりおろすと甘味が多く、気短にガリガリおろすと辛くなることも、生活の知恵で覚えておきましょう。

■大根の薬用効果

からみ餅やおろし和えは美味しいものですが、ジアスターゼ、グリコシターゼその他の酵素が消化を助けるので、大変合理的な食品です。

胃の弱っている人にも大根おろしは欠かせません。また、大根には消炎作用があるので、のぼせ症にも効き、新陳代謝を助け、下半身の血行をよくする働きもあります。切干し大根にして食べると便通を整え、利尿効果もあります。腸内の異常発酵を防ぎ、血液をきれいにして細胞の老化を防ぎます。


【出典】http://macaro-ni.jp/34815 より

大根の皮には、カルシウム、ビタミンPなども多く含まれ、細胞を強め、血管を強化しますので、細い千切りのキンピラなどにして食べましょう。高血圧、糖尿病、脳出血の予防にもなりますし、咳、喉の痛み、痰のきれが悪いときにも大根おろしが効きます。

舌、口の痛みは、おろし汁で度々うがいをします。頭の痛いときも、布にのばして頭に貼っておくと治ってしまいます。赤ちゃんの鼻づまりはかわいそうなものですが、スポイトで大根おろしを鼻に入れてあげると、すっきり通るものです。

熱のあるとき、大根おろしに生姜おろしを少々加え、醤油又は塩を加えて、熱い番茶を注ぎ、おわん一杯飲むと熱が下がります。また、魚や肉の中毒の毒消しにもよいのです。

大根1本で多過ぎるときは、大きく四つ割り又は短冊、千切り等にして太陽に干し、切干し大根にすると煮物によく、弱い病人は体を温め血行を促すので特に大切ですから、上手に加工して頂きましょう。

■大根の葉はミネラル、ビタミンの宝庫

根と同じように、葉にも豊富なビタミン、鉄、カルシウムがあり、ミネラルの宝庫です。病弱な人は是非食べて欲しいものです。

さっと熱湯を通してみじん切りにして、油で炒め、油揚げのみじん切りか、こうなごなどを混ぜて、醤油で味付けします。これに摺りゴマを混ぜて、温かい玄米ご飯にかけて食べると実に美味しく、おかずも要りません。体調を整えるには抜群で、便通もよくなり、細胞に活力をつけ、健康になります。

塩もみにしてご飯にかけても美味しく、ぬか味噌に漬けても、歯切れよく美味しく頂けます。私自身、玄米とこの大根葉で丈夫になったようなもので、今でも大好物です。

また、干し葉にすると腰湯の貴重な材料となり、よく暖まります。新陳代謝を助け、毒素を流し、体が軽くなるので、色々な慢性病で悩んでいる沢山の方が、この大根干し葉の腰湯で助けらてきました。

大根干し葉がないときは、ヨモギやビワの葉、柿の葉でもよく、落葉やワラでもいいのです。古くなった薬草などもそのまま捨てないで、腰湯やお風呂に使うとよく暖まり、次の日はお小水がよく出て体が軽いのに驚きます。そうして、最後には肥料にして土へ帰します。

【出典】薬草の自然療法 難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しい。膀胱炎…
  2. 彼岸花は関節に水が溜まるなどのような病気に、目覚ましい薬効がある。優れた薬効があるのは地下の鱗茎だが…
  3. ツクシは古くから利尿薬として使われてきた。肝臓、胃腸、糖尿、高血圧、腎臓病にも薬効がある。肉を多食す…
  4. カタクリは昔から薬用として大切にされてきたが、子供の下痢、嘔吐、大人の胃腸カタル、湿疹などには、カタ…
  5. カキドオシは、胆石や腎臓結石、膀胱結石、糖尿病、神経痛の治療に効果があり、特に血糖降下作用が強いこと…
  6. ユキノシタは特に生葉に優れた効果があり、昔から民間薬として大切に扱われてきた。ミミダレグサとも言われ…
  7. アキノゲンシは野の生気に満ちて、香りも栄養も豊かな野草で、食べてもクセがなくて美味しい。ビタミンA、…
  8. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  9. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  10. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
ページ上部へ戻る