薬の副作用はもとの病気より怖い、安易に薬に頼ってはダメ!

薬は表面に見える症状をなくしたり軽減するのに役立つことはありますが、「症状がないこと = 健康」ではありません。いくら薬を与えられても、その根本原因が取り除かれることはありません。まして、薬という体にとっては異物が侵入をもたらす弊害は、体の組織を徐々に傷つけていくことを促進させるばかりなのです。

薬は基本的に「毒」なのです。安易に薬に頼るのは控えましょう。

(1) 降圧剤

・栄養(特にミネラル類)の損失、疲労、頭痛、むくみ、吐き気
・めまい、塞ぎこみ、コレステロール値や血糖値などの上昇
・動脈損傷、心臓発作、脳梗塞、腎臓低下  などのリスクを高める


(2) コレステロール値を下げる薬

・エネルギー製造の低下
・体力の低下(エネルギー製造に関与する助酵素Q10の働きを止めてしまう)

(3) インスリン(血糖値を下げる薬)

食欲増進、体重の増加、及びホモシステインの代謝妨害によるインスリン抵抗の結果、血糖値上昇 → インスリン値上昇という悪循環を招き、糖尿病を悪化させる。動脈効果の促進、心臓発作、脳卒中、失明、手足の切断などの合併症のリスクを高める。

(4) コーチゾン(関節炎の薬)

・消化器系の潰瘍、ミネラル損失、副腎や脳下垂体の機能低下
・糖尿病、アレルギー、血栓、不眠症、体重増加
・痙攣、目まい、頭痛、肺繊維腫 などのリスクを高める
・吐き気、下痢、便秘、筋肉痛  などのリスクを高める

関節炎(慢性関節リウマチ、狼瘡による関節炎など)の人は、腸内が毒素で汚染されているため、緻密性を失った腸壁から完全に消化されない動物タンパク質が漏れ出す。そして、この漏れ出した異物(ペプチド)が、異物処理のために動員された白血球細胞(抗体)と結びつき、この結果できた物質が血液循環から関節の毛細血管へと染み出し、トゲのように関節を刺激するために腫れる。腱鞘炎も同様の原理。

(5) 抗生物質(連鎖球菌、ブドウ球菌などの感染症の薬)

薬の効かない耐性菌を生み出し、さらにひどい感染症を引き起こす。院内感染の増加の要因、肝臓障害、白血病などの血液の病気のリスクを高める。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  2. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  3. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
  4. 紅花は万葉の昔から、布の染料や化粧料として使われてきたが、漢方薬としても古くから用いられ、古血(悪血…
  5. ハト麦は利尿、鎮痛、神経痛、リウマチ、肩凝り、腰痛、肝、腎臓病、こしけ、催乳、婦人科系病、皮膚病、そ…
  6. どこの道端でもごく普通に見られる、親しみやすいノビルは、薬用、食用として重宝する。強壮・強精剤として…
  7. タンポポは根も茎も葉も、古くから漢方薬として用いられてきた。根は特に薬効に富み、乳腺炎や母乳不足、健…
  8. ドクダミは二千年以上前から民間薬として使われてきた。浄血、利尿、殺菌、毛細血管強化、緩下、止血などに…
  9. ツワブキの葉には強い抗酸化作用のある成分が含まれ、腫れ物一般、肩凝り、火傷、乳房炎、打ち身、ひょうそ…
  10. セリはしもやけの特効薬であるだけでなく、黄疸、ハシカ、肺炎、インフルエンザなどにもよく効き、二日酔い…
ページ上部へ戻る