あん摩、指圧が経穴(ツボ)経絡(ツボとツボを結ぶ線)を意識しながら施術するのに対し、マッサージは、リンパ・血液の流れ・筋の走行に沿って施術します。

要するに、あん摩・指圧・マッサージは、

「手で体の状態を診ながら、悪い部分を見つけて治療する手技療法」

という点では同じですが、

・あん摩は中国
・マッサージはフランス
・指圧は日本

と、夫々出生が異なるということです。

salon01

日本においては現在、あん摩・指圧・マッサージが一つの国家資格として法制化されています。

あん摩マッサージ指圧師は、あん摩マッサージ指圧実技や理論、東洋医学理論、解剖学、生理学、病理学、臨床医学総論や各論、整形外科、リハビリ、衛生学、栄養学、関係法規、心理学などを学びます。

そして、資格を持つ者は、疾病の治療又は疲れをとることを目的に、患者の体に対して直接施術を行うことが許されているのです。

あん摩マッサージ指圧の効果としては、筋肉の緊張をほぐすことにより、緊張ホルモンであるアドレナリンを減少させ、副交感神経を優位にしてリラックスを促し、血管やリンパ管などの循環系や消化器官を活性化して様々な症状の緩和を促すことです。

その結果、

・血圧の正常化
・むくみや冷えなどの改善
・風邪の予防
・ストレスの解消
・痛みの解消
・食欲不振や便通の改善
・皮膚の代謝促進
・筋肉や関節の機能強化

などをもたらします。

日本ではマッサージがブームとなり、街中のクリックマッサージから東洋医学の専門治療院まで様々なタイプが存在しますが、アロマテラピーと組み合わせて施術を行うセラピストも徐々に増えてきています。

【出典】統合医療のすすめ 山本 竜隆著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. アカザは栄養価の高い野草である。アクや臭みがなく、柔らかくて、茹でるとホウレン草のようだが、ビタミン…
  2. ニンニクには強い整腸作用があり、消化力をつけ、便秘を解消する。血液を浄化して内臓の働きを整え、万病を…
  3. ニラの独特の香気は硫化アリルによるもので、栄養的にはカロチンやビタミンB1、B2、Cが多く含まれてい…
  4. ゲンノショウコは、下痢がたちどころに治るという「現の証拠」から名付けられたほどの下痢止めの妙薬として…
  5. エビス草(決明子)の薬効は広く、驚くほどの効果がある。利尿、消化不良、胃腸病に特によく効く。便秘、慢…
  6. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  7. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  8. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  9. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  10. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
ページ上部へ戻る