私の母は40代の頃から関節炎と神経痛で肩や首、腕、足の痛みを訴え始め、60代に入ってからは痛みの為に整形外科や整骨院、鍼灸院に通ったり、ローヤル・ゼリーや漢方薬など良いと勧められれば、ありとあらゆるものを試していましたが、一向に治りません。どの医師からも「慢性のものでどうしようもありません。痛みを受け入れて暮らすしかないでしょう」と言われ、すっかり諦めていました。

茶道教師として、着物を着たくても腕が痛くて手が後ろに回らず帯が結べないため、これはまずいということで、私の勧めた「セルフケア・プログラム」を始めました。そのとき母は70歳でした。そして、半年後には痛みがすべて消えてしまっていたのです。しかも、16kgも痩せるというボーナスも付いてました。


【出典】http://www.sugiyamahp.com

それまで、電話帳ほどもある分厚いお腹の出っ張りは、30年間どんなダイエット法を試しても決してなくならず、すっかり諦めていたのに、半年で見事になくなってしまったのです。

高めで要注意と言われていたコレステロール値や血糖値も改善され、クィーンさいずんを着ていた人が、9サイズの洋服を着てオシャレを楽しむようになりました。

体操教室にも通い始め30代、40代の若い人に交じって体を動かし、10年間健康でエネルギーに満ち溢れた老後をエンジョイしていたのですが、80歳の誕生日の早朝、眠っている間に亡くなりました。原因は脱水症でした。高齢者は喉の渇きに鈍感になるので、小まめに水分を補給するように十分気を付けて下さい。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 生の野菜やフルーツの体調をよくする成分は酵素。酵素栄養学の実践で、目覚めがスッキリし、胃腸の調子がよ…
  2. 8種類のアミノ酸(タンパク質の材料)、20種類のビタミン、18種類のミネラル、食物繊維、ファイトケミ…
  3. 人間の体は、自然の中で生かされている有機的な生命システムだから、病気を治して健康になるには、人として…
  4. 医師の本音「自分は抗ガン剤治療を受けたくないけど、患者さんにはやる」、この倫理観が全く欠如した医師の…
  5. 抗ガン剤がガンを治せないことはアメリカでは公表されており、元NCI(国立ガン研究所)所長、ヴィンセン…
  6. 70歳で慢性関節リュウマチと神経痛を患っていた婦人が、ナチュラル・ハイジーンのセルフケアプログラムで…
  7. 「生命の法則」に従うナチュラル・ハイジーンの食事プログラムは、面倒なカロリー計算などなしに、血糖値や…
  8. ナチュラル・ハイジーンのセルフケア・プログラムでC型肝炎を克服。肝機能が改善され、一月後に入院は取り…
  9. 抗ガン剤はガン細胞と正常細胞の区別がつかない。ガン細胞より活発に分裂している正常細胞は沢山いる。毛根…
  10. 放射線治療は、放射線が当たって焼却された所は正に焼け野原のよう。その箇所に活性酸素が無限大に繁殖し、…
ページ上部へ戻る