ガン三大標準治療でガンは根治出来ない|放射線治療では必ずガンが再発する

■ガンの三大標準治療『手術・放射線・抗ガン剤』ではガンの根治は不可能

現代西洋医療でガンの三大標準治療とされる、『手術・放射線・抗ガン剤』による治療ではガンを根本的に治癒することは不可能です。

ガンは基本的に主として食生活に起因する生活習慣病であり、全身病だからです。したがって、根本原因である食習慣を改革することがガンの根本的治癒には不可欠ですが、対症療法を主体とする現代西洋医療のお医者さんたちの非常に多くはそのことを認識しておりません。

ガンが主として食生活に起因する生活習慣病であり、全身病であるということは、医者でない私でも少々本を読んで調べてみれば分かります。三大標準治療が健康保険の対象となっているため、医院や病院の経営上、三大標準治療の無力さを認めたくないのだと思います。それが医療費の増大に拍車を駆け、正に私たち一般市民が犠牲となってお医者さんが肥え太る構図となっています。

三大標準治療に頼って体にそんな大きな負担をかけなくても、余程の手遅れにならならなければ、ガンは根治することが出来ます。

何故、ガンの三大標準治療とされる、手術・放射線・抗ガン剤による治療ではガンを根本的に治癒することは不可能なのか、薬を使わず難病を治癒している大先生”鶴見隆史博士”のご著書『患者とのためのがんが消える補完代替医療 林田 学、鶴見 隆史共著』にわかり易く説明されていましたので、引用しご紹介します。


■QOLの観点から放射線の利用をもっと広げるべきだ、という医師もいるが…

三大標準療法のうち、手術についで古いのは放射線療法です。放射線は、19世紀の末にX線が発見された直後から、医療に応用されました。ガン治療法としては、1,930年代位に確立したようです。

放射線治療は、手術と同じで「局所療法」です。局所というのは、限られた部位のこと。つまり、体の一部分を対象にした治療法のことを、局所療法と言うのです。

ちなみに、局所療法の反対派「全身療法」。薬は、口から服用しても注射しても、基本的に全身を巡ることになるので、抗ガン剤による化学療法は、全身療法に含まれます。

さて日本では、手術できるガンは極力手術で取ろうとするので、放射線療法を受ける人の割合は欧米ほど多くはありません。ガンが大き過ぎるとか、周囲の致命的な器官を傷つける可能性があるなど、手術しにくい場合によく使われる方法です。臓器を取ってしまう手術より、QOLを低下させない放射線の利用をもっと広げるべきだ、という考え方の医師も結構います。

■放射線治療では必ずガンが再発する

しかし、私(鶴見隆史先生)は手術と同じような意味で、放射線治療にもあまり信用を置いていません。局所療法である以上、放射線も手術と同じで、体の一部に固まっているガンにしか使えません。そして、同じようにリスクやデメリットがあります。

放射線療法は、ガンのあるところにX線やγ線を照射し、ガン細胞の遺伝子にダメージを与えて殺す仕組みです。簡単に言うと「体の中のガンを焼く」イメージです。しかし、ガン細胞だけに命中する訳ではなく、その周辺や、放射線が通過する組織にも当たって必ずダメージを与えます。放射線治療を受けている部位の皮膚に、副作用とし火傷が生じるのはそのためです。

また放射線治療は、当たって焼却されたところは(たとえ何ヶ所からの放射であっても)正に焼け野原のようであり、その箇所に活性酸素が無限大に繁殖することも知られています。その活性酸素だらけになった部位に、全身をウロチョロ流れているガン細胞は大喜びで大繁殖してしまいます。

ちなみにガン細胞はそこにしかいないことは絶対ありません。1,000万個いても肉眼では見えないのがガン細胞です。そのガン細胞が焼け野原に集まって大繁殖するのです。それで放射線治療では完治がないのです。いつか必ずは再発するのですが、再び同様にこの治療は何回も出来ません。被爆の限界があるし、同じ個所では穴が開くからです。そういうところは、手術よりも、全身療法の抗ガン剤にむしろ似ています。

■陽子線治療や重粒子線治療もダメ

また、陽子線治療や重粒子線治療というものもありますが、これも全く同様です。違うのは、通過した所に障害が起きないだけで、当たった所はやはり焼け野原。後々の再発は絶対なのです。最近では、陽子線で治療して完治したと言っていたのに、しばらくして転移だらけと発表されたなかにし礼さんの例もあります。

■放射線治療の結論

1. 火傷した部位に後遺症が残り、機能が失われるか減退する。
2. 大量の活性酸素が発生し、体内を酸化する。
3. ガンの組織を傷つけることで、ガン細胞が流出し、転移を促す可能性がある。
4. 全身を流れているガン細胞は後々大繁殖する。
5. 免疫力が低下する。

■放射線自体に発ガン性がある

さらに、放射線自体に発ガン性があることは言うまでもありません。ガンになったら生きるか死ぬかの事態なので、放射線を浴びたり、抗ガン剤を体に入れたりしますが、健康な時にそんなことをする人はいません。

それによって細胞が変異し、ガン化するリスクがあるからです。そういう毒を使う治療は、根本からして自然に反していると私(鶴見隆史先生)は思うのです。但しこの場合の放射線治療の線量は、火傷をするほどの線量すなわち10億マイクロシーベルト以上を指します。

今流行の「ホルミシス」と言われる微量放射線(1マイクロシーベルト~100万マイクロシーベルト)はその限りでなく、むしろ体に良い刺激だということは最近よく知られるようになってきました。

【出典】患者とのためのがんが消える補完代替医療 林田 学、鶴見 隆史共著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. アカザは栄養価の高い野草である。アクや臭みがなく、柔らかくて、茹でるとホウレン草のようだが、ビタミン…
  2. ニンニクには強い整腸作用があり、消化力をつけ、便秘を解消する。血液を浄化して内臓の働きを整え、万病を…
  3. ニラの独特の香気は硫化アリルによるもので、栄養的にはカロチンやビタミンB1、B2、Cが多く含まれてい…
  4. ゲンノショウコは、下痢がたちどころに治るという「現の証拠」から名付けられたほどの下痢止めの妙薬として…
  5. エビス草(決明子)の薬効は広く、驚くほどの効果がある。利尿、消化不良、胃腸病に特によく効く。便秘、慢…
  6. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  7. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  8. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  9. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  10. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
ページ上部へ戻る