病気と健康に関する「7つの真理」6. 体の各部は、すべて連動して機能している

■内臓の汚れはそのまま皮膚に現れる

砂糖たっぷりの甘味や甘いジュース、肉やアルコール、食品添加物たっぷりの加工食品を自分の好みに任せて飲み食べ過ぎると、肝臓や腎臓に物凄く負担がかかります。

肝臓や腎臓も、疲れて働けなくなると、解毒作用、浄化作用が落ちます。毒素や老廃物を出せなくなって、体の中に溜まったものが限界を超え体が苦しくなり、皮膚から出そうとして、内部の汚れが噴き出してきたのが皮膚病です。

夜のネオン街で働く女性たち。彼女たちの化粧を落としたあとのシミだらけ素顔見て、ビックリされたことはありませんか。あれはとり過ぎたアルコールの燃えカスが皮膚を通して出てきたものです。

現代の西洋医学で治りにくい病気の一つにアトピー性皮膚炎があります。痒みを抑えるためにステロイド系の抗生物質を使っても、一時的によいとしても、もっとひどくなってしまいます。

皮膚の健康状態は内臓の健康状態を反映しているのです。だから、皮膚病を根本的に治すためには腸、肝臓や腎臓、脾臓を元気する必要があります。

以下、「子供たちは何を食べればいいのか」松田麻美子著 よりご紹介します。

■すべて連動して機能している

体は色々な装置や組織が集まった一つの機械の様なものです。体は一つの機械として機能しているのです。一つの器官が機能不全になると、全身に影響が及びます。

例えば、消化器官に障害が起こると、体全体が苦しむことになります。何故なら、ノーマルで健康な代謝作業に必要な栄養を受け取ることが出来なくなるからです。

心臓が傷つくと、全身が被害を被ることになります。栄養と酸素を運ぶ血液が全身の細胞に確実に届けられなくなってしまうからです。肝臓が傷つくと、全身が病気になります。有害物質の解毒が出来なくなってしまうからです。腎臓が傷つくと、同様に全身に影響します。体が老廃物を排泄することが出来なくなるからです。

ニキビや吹き出物が出ている人は、肌だけがトラブルを起こしているのではありません。体は体の最大の排泄器官である皮膚から、組織内に溜まった有害物質を排泄しているのです。

いくら皮膚を清潔にしたり、軟膏をつけてケアをしていても、組織に有害な老廃物が溜まるような食事やライフスタイルをしていたのでは、ニキビや吹き出物は一向に消えていきません。すなわち、一部分だけ健康であるとか、一部分だけが病気だということは決してないのです。

口臭は、消化器官の中で完全に消化されない食べ物が、腐敗発酵している証拠です。いくら消臭スプレーを使っても、元を断たなければ匂いは消えません。


【出典】http://kikuma.c1c4.com/ 菊間歯科クリニックHPより

脇の下の不潔な匂いも同様です。体の組織の中に溜め込まれている老廃物が悪臭を放っているのです。

西洋医学による治療は、主に症状の出ているところを対象にしますが、ナチュラル・ハイジーンは、その根本原因は何かを究明し、体に備わっている修復力や回復力が元のように正しく機能出来るよう、体に協力することを重視する理論なのです。

【出典】「子供たちは何を食べればいいのか」松田麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  2. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  3. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
  4. 紅花は万葉の昔から、布の染料や化粧料として使われてきたが、漢方薬としても古くから用いられ、古血(悪血…
  5. ハト麦は利尿、鎮痛、神経痛、リウマチ、肩凝り、腰痛、肝、腎臓病、こしけ、催乳、婦人科系病、皮膚病、そ…
  6. どこの道端でもごく普通に見られる、親しみやすいノビルは、薬用、食用として重宝する。強壮・強精剤として…
  7. タンポポは根も茎も葉も、古くから漢方薬として用いられてきた。根は特に薬効に富み、乳腺炎や母乳不足、健…
  8. ドクダミは二千年以上前から民間薬として使われてきた。浄血、利尿、殺菌、毛細血管強化、緩下、止血などに…
  9. ツワブキの葉には強い抗酸化作用のある成分が含まれ、腫れ物一般、肩凝り、火傷、乳房炎、打ち身、ひょうそ…
  10. セリはしもやけの特効薬であるだけでなく、黄疸、ハシカ、肺炎、インフルエンザなどにもよく効き、二日酔い…
ページ上部へ戻る