年中風邪をひく人は、体に無理をかけ過ぎている

ストレス社会です。私たちは年中色々なストレスに晒されています。不況が深刻化し出口の見えない状態が長引くとなおさらです。私たちに襲いかかってくるストレスも、飲み食いで暫し忘れることができます。

私は一時中堅企業のトップまでなったことがありますが、止むを得ない事情で経営から身を引くことになりました。それと同時に離婚と家庭も崩壊しました。居た堪れなくてよく飲み歩きました。その結果、尿酸値が7.3と危うく高尿酸血症になりかけました。また、アルコールは極陰性でとり過ぎは肺や気管支によくないのです。

カラオケで歌を歌うと咳き込むこともありました。定期健康診断などで喘息や気管支炎と診断されることはありませんが、予備軍のようなものです。食べ過ぎ、飲み過ぎが続くと風邪をひきやすくなることが、自然療法の大家 東城百合子先生の著書「自然療法が体を変える」にわかりやすく説明されています。


■年中風邪をひく人は、食べ過ぎ、飲み過ぎに注意!

私たちは、タバコや排気ガス、煤煙、公害物質などで常に汚染されています。それを体は必死に防衛し、保護しようと、私たちが疲れて眠っている時も、休みなくフル回転で働き続けているのです。

ところが、体に負担がかかり過ぎると、異常が起こります。例えば、食べたいからと食欲にまかせて、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、胃腸は疲れて消化しきれなくなります。消化しきれなかった汚れを、肝臓は引き受けて浄化しようとします。また、腎臓は血液の浄化作用で頑張ります。脾臓もそれらをカバーしようとしてフル回転し、肺もゴミを出そうとして働きます。特に体の中で一番汚れやすい呼吸器は、汚れがひどくなると、それに合わせて粘液を沢山分泌したり、また、咳やくしゃみによって汚れを出そうとします。


【出典】http://dbhs.jp/ より

しかし、そうした重労働が過ぎると処理しきれなくなり、毒素が体内に溜めこまれていき、その積み重ねが、体の弱い部分に出てくるのです。

どんな病気でも、体の一部分だけが悪くなるのではありません。年中、風邪ばかりひいている人は、呼吸器にも内臓にも負担をかけ過ぎているのです。もっと、体に楽をさせてあげましょう。

間食や食べ過ぎ、飲み過ぎをやめて、体に負担をかけないようにしてあげることです。私も若い頃、肺結核で死にかけていますから、よく判るのです。あの頃は、自然の営みに感謝もなく、身勝手の張本人でした。でも、肺をはじめ全身に迷惑をかけていることに気づいた時、自然は私の体を大きくカバーして、立派に修繕してくれたのです。

【出典】自然療法が「体」を変える 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. タンパク質(特に動物性タンパク質)のとり過ぎにより引き起こされる最大の弊害が骨粗鬆症。腎臓障害、ガン…
  2. 牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招く。牛乳を飲んでも骨粗鬆の予防にならないどころか、牛乳を飲めば飲むほど…
  3. 果物を食べても血糖値は急激に上昇しない。それは、果物の糖(果糖)が果物の細胞組織に拘束されているから…
  4. カラダは午前中、排泄を最も活発に行うように作られている。エネルギーを出来るだけ排泄活動の方に専念させ…
  5. ナチュラル・ハイジーンの超健康な生活を送るための超健康革命10ヶ条、その1  「バランスのとれた食事…
  6. 体には、常時ベストのコンディションを保とうとする能力(恒常性)が備わっているため、誤った生活習慣で組…
  7. 体の各部は、すべて連動して機能している。肝臓が傷つくと、全身が病気に。有害物質の解毒が出来なくなって…
  8. 「病気とは、組織を浄化し、正常な状態を取り戻すためのプロセスである。体内の毒素を取り除き、ダメージを…
  9. 病気とは、体が恒常性を保つために、体が行なう体の大掃除(有害物質の緊急排泄)なのです。有害物質の排泄…
  10. 健康のときも、病気のときも、体には同じ「生理学の法則」が支配しています。健康なときに必要としていない…
ページ上部へ戻る