ガンに至る病気の第7段階/7段階、ガン(慢性でもとに戻れない組織の退化)

■ガンに至る病気の第7段階、ガン(慢性でもとに戻れない組織の退化)

何十年にもわたって展開されてきた病気の最終地点が「ガン」です。ガンは数年のうちに形成されるようなものではありません。

長年に渡って溜め込まれていた毒素のため、細胞の遺伝子コードが変えられてしまい、脳がコントロール出来ないために、デタラメな増殖を繰り返し、正常細胞としての働きが出来ない発狂した細胞(ガン細胞)が、体の組織を攻撃していくことになるのです。

この段階に達する前に、体はその持ち主に、何度となく異常を知らせる警告のサインを送っているのです。

私たちの病気は「風邪」のような単純なものから始まり、様々な病気の形態をとりながら、組織を傷つけ、細胞の遺伝子を狂わせてしまうガンへと至るのです。

「風邪は万病のもと」という格言は深い意味を持っていたのです。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著


☆ガン再発ゼロの新谷食事健康法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 重症の脳卒中から自然療法によって回復した体験談。倒れた時は、後頭部にこの豆腐パスターをすれば、細胞が…
  2. 糖尿病と狭心症が自然療法によって完治した体験談です。生活習慣病の根治には西洋医療よりも根源治療の食事…
  3. 胃ガンとなって、わがまま勝手な生活から胃を切ってしまうことになったと深く反省。今はもう胃が何処にあっ…
  4. 玄米菜食で治そうと決心して、医学的薬品も治療も一切やめて、これに賭けました。玄米菜食に変えてから年中…
  5. 医者にも見放された肝硬変が自然療法によって驚くほど回復した体験談です。…
  6. 子宮ガンも末期で、坐骨の骨がとけ、下腹の骨もとけてない手のほどこしようのない方の自然療法による治癒体…
  7. 浄化槽である肝臓が処理し切れなくなると、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血…
  8. 腎臓は体内の老廃物の排泄、体内の水分、塩分の調節を行うほか、過剰な酸やアルカリを外に出し、酸塩基の平…
  9. 食べ物を栄養として身となる役目をしているのは肝臓。胃腸が丈夫というのは、実は肝臓が丈夫ということ。体…
  10. 肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
ページ上部へ戻る