ガンに至る病気の第5段階/7段階、潰瘍

長期間の毒素の攻撃によって炎症を起こしていた細胞や組織が「潰瘍」を形成し、膿を持ってただれ、ひどい痛みを伴い、大量の細胞や組織が破壊され、患部に穴が開いたりします。

口囲潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがその典型です。体は毒素を取り除くために、排出口として潰瘍を利用しているのです。

この段階になってさえ、食事やライフスタイルが改善されないと、体は開いている傷口を塞ぐステージへと進展していきます。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 重症の脳卒中から自然療法によって回復した体験談。倒れた時は、後頭部にこの豆腐パスターをすれば、細胞が…
  2. 糖尿病と狭心症が自然療法によって完治した体験談です。生活習慣病の根治には西洋医療よりも根源治療の食事…
  3. 胃ガンとなって、わがまま勝手な生活から胃を切ってしまうことになったと深く反省。今はもう胃が何処にあっ…
  4. 玄米菜食で治そうと決心して、医学的薬品も治療も一切やめて、これに賭けました。玄米菜食に変えてから年中…
  5. 医者にも見放された肝硬変が自然療法によって驚くほど回復した体験談です。…
  6. 子宮ガンも末期で、坐骨の骨がとけ、下腹の骨もとけてない手のほどこしようのない方の自然療法による治癒体…
  7. 浄化槽である肝臓が処理し切れなくなると、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血…
  8. 腎臓は体内の老廃物の排泄、体内の水分、塩分の調節を行うほか、過剰な酸やアルカリを外に出し、酸塩基の平…
  9. 食べ物を栄養として身となる役目をしているのは肝臓。胃腸が丈夫というのは、実は肝臓が丈夫ということ。体…
  10. 肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
ページ上部へ戻る