ガンに至る病気の第4段階/7段階、現代医学の致命的欠陥は対症療法と薬の副作用

私たちは病気に対して今迄全く逆のことをやっていました。生命の法則に反することをやっていたのです。例えば、風邪をひいて熱が出るとちょっと辛いものですから、すぐお医者さんに駆け込んで注射を打ってもらったり、薬をもらったりします。

しかし、風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、その原因となった食事やライフスタイルはそのままなので、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していくのです。

以下、「50代からの超健康革命」松田麻美子著よりご紹介します。

■現代医学の致命的欠陥

急性の病気の場合、大抵、二、三日水だけをとるファスティング(断食)をすれば、完全に治ります。慢性の病気の改善にも、ファスティング(断食)は特に効果的で、ナチュラル・ハイジーンの医師たちが採用しています。この場合は最低一週間から二週間のファスティングが必要です。


症状に注目する現代医学のアプローチでは、症状をなくすために処置をします。症状は消えますが、病気の根本原因(誤った食事やライフスタイル)は無視され、それによってもたらされた毒素の排泄に失敗してしまいます。

風邪を引いたとき、体は咳や鼻水、痰の形で積極的に毒素を排泄させているのですが、薬はそれを止めてしまうのです。毒素は組織の中にしまい込まれ、体は毒に対して次第に耐性をつけていくようになります。

「生命の法則」を知らない人たちは、「症状が治った=治った」と解釈します。

この時、体は毒素の他に、体にとっては完全に異物である「薬」という有害物質の重荷を背負うことになります。さらに誤った食事やライフスタイルから、毎日有害な物質が体内に増えていきます。

そこで常にベストコンディションを保とうとする体は、折をみてまた排泄を試みます。

風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していきます。

薬の副作用による悪循環という、現代西洋医療の最大の欠陥がこれです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. タンパク質(特に動物性タンパク質)のとり過ぎにより引き起こされる最大の弊害が骨粗鬆症。腎臓障害、ガン…
  2. 牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招く。牛乳を飲んでも骨粗鬆の予防にならないどころか、牛乳を飲めば飲むほど…
  3. 果物を食べても血糖値は急激に上昇しない。それは、果物の糖(果糖)が果物の細胞組織に拘束されているから…
  4. カラダは午前中、排泄を最も活発に行うように作られている。エネルギーを出来るだけ排泄活動の方に専念させ…
  5. ナチュラル・ハイジーンの超健康な生活を送るための超健康革命10ヶ条、その1  「バランスのとれた食事…
  6. 体には、常時ベストのコンディションを保とうとする能力(恒常性)が備わっているため、誤った生活習慣で組…
  7. 体の各部は、すべて連動して機能している。肝臓が傷つくと、全身が病気に。有害物質の解毒が出来なくなって…
  8. 「病気とは、組織を浄化し、正常な状態を取り戻すためのプロセスである。体内の毒素を取り除き、ダメージを…
  9. 病気とは、体が恒常性を保つために、体が行なう体の大掃除(有害物質の緊急排泄)なのです。有害物質の排泄…
  10. 健康のときも、病気のときも、体には同じ「生理学の法則」が支配しています。健康なときに必要としていない…
ページ上部へ戻る