ガンに至る病気の第4段階/7段階、現代医学の致命的欠陥は対症療法と薬の副作用

私たちは病気に対して今迄全く逆のことをやっていました。生命の法則に反することをやっていたのです。例えば、風邪をひいて熱が出るとちょっと辛いものですから、すぐお医者さんに駆け込んで注射を打ってもらったり、薬をもらったりします。

しかし、風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、その原因となった食事やライフスタイルはそのままなので、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していくのです。

以下、「50代からの超健康革命」松田麻美子著よりご紹介します。

■現代医学の致命的欠陥

急性の病気の場合、大抵、二、三日水だけをとるファスティング(断食)をすれば、完全に治ります。慢性の病気の改善にも、ファスティング(断食)は特に効果的で、ナチュラル・ハイジーンの医師たちが採用しています。この場合は最低一週間から二週間のファスティングが必要です。


症状に注目する現代医学のアプローチでは、症状をなくすために処置をします。症状は消えますが、病気の根本原因(誤った食事やライフスタイル)は無視され、それによってもたらされた毒素の排泄に失敗してしまいます。

風邪を引いたとき、体は咳や鼻水、痰の形で積極的に毒素を排泄させているのですが、薬はそれを止めてしまうのです。毒素は組織の中にしまい込まれ、体は毒に対して次第に耐性をつけていくようになります。

「生命の法則」を知らない人たちは、「症状が治った=治った」と解釈します。

この時、体は毒素の他に、体にとっては完全に異物である「薬」という有害物質の重荷を背負うことになります。さらに誤った食事やライフスタイルから、毎日有害な物質が体内に増えていきます。

そこで常にベストコンディションを保とうとする体は、折をみてまた排泄を試みます。

風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していきます。

薬の副作用による悪循環という、現代西洋医療の最大の欠陥がこれです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しい。膀胱炎…
  2. 彼岸花は関節に水が溜まるなどのような病気に、目覚ましい薬効がある。優れた薬効があるのは地下の鱗茎だが…
  3. ツクシは古くから利尿薬として使われてきた。肝臓、胃腸、糖尿、高血圧、腎臓病にも薬効がある。肉を多食す…
  4. カタクリは昔から薬用として大切にされてきたが、子供の下痢、嘔吐、大人の胃腸カタル、湿疹などには、カタ…
  5. カキドオシは、胆石や腎臓結石、膀胱結石、糖尿病、神経痛の治療に効果があり、特に血糖降下作用が強いこと…
  6. ユキノシタは特に生葉に優れた効果があり、昔から民間薬として大切に扱われてきた。ミミダレグサとも言われ…
  7. アキノゲンシは野の生気に満ちて、香りも栄養も豊かな野草で、食べてもクセがなくて美味しい。ビタミンA、…
  8. 陽あたりのよい道端などに、ごく普通に見られる、唇形の紅紫色の花をつけたウツボグサも身近な野草で、口内…
  9. ハコベは胃腸を健やかにするのは勿論、催乳にも効果があり、浄血作用もあるため、漢方ではハコベを陰干しに…
  10. 虫歯や歯痛、口内炎など体の表に現われた症状は、治すためには基本的に食事の改革が不可欠。歯の弱い人は、…
ページ上部へ戻る