ガンに至る病気の第4段階/7段階、現代医学の致命的欠陥は対症療法と薬の副作用

私たちは病気に対して今迄全く逆のことをやっていました。生命の法則に反することをやっていたのです。例えば、風邪をひいて熱が出るとちょっと辛いものですから、すぐお医者さんに駆け込んで注射を打ってもらったり、薬をもらったりします。

しかし、風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、その原因となった食事やライフスタイルはそのままなので、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していくのです。

以下、「50代からの超健康革命」松田麻美子著よりご紹介します。

■現代医学の致命的欠陥

急性の病気の場合、大抵、二、三日水だけをとるファスティング(断食)をすれば、完全に治ります。慢性の病気の改善にも、ファスティング(断食)は特に効果的で、ナチュラル・ハイジーンの医師たちが採用しています。この場合は最低一週間から二週間のファスティングが必要です。


症状に注目する現代医学のアプローチでは、症状をなくすために処置をします。症状は消えますが、病気の根本原因(誤った食事やライフスタイル)は無視され、それによってもたらされた毒素の排泄に失敗してしまいます。

風邪を引いたとき、体は咳や鼻水、痰の形で積極的に毒素を排泄させているのですが、薬はそれを止めてしまうのです。毒素は組織の中にしまい込まれ、体は毒に対して次第に耐性をつけていくようになります。

「生命の法則」を知らない人たちは、「症状が治った=治った」と解釈します。

この時、体は毒素の他に、体にとっては完全に異物である「薬」という有害物質の重荷を背負うことになります。さらに誤った食事やライフスタイルから、毎日有害な物質が体内に増えていきます。

そこで常にベストコンディションを保とうとする体は、折をみてまた排泄を試みます。

風邪を引く度に症状を薬で抑えていると、やがて、インフルエンザや気管支炎、肺炎、盲腸炎、腎臓炎、肝炎など重症のものへと発展していきます。

薬の副作用による悪循環という、現代西洋医療の最大の欠陥がこれです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 重症の脳卒中から自然療法によって回復した体験談。倒れた時は、後頭部にこの豆腐パスターをすれば、細胞が…
  2. 糖尿病と狭心症が自然療法によって完治した体験談です。生活習慣病の根治には西洋医療よりも根源治療の食事…
  3. 胃ガンとなって、わがまま勝手な生活から胃を切ってしまうことになったと深く反省。今はもう胃が何処にあっ…
  4. 玄米菜食で治そうと決心して、医学的薬品も治療も一切やめて、これに賭けました。玄米菜食に変えてから年中…
  5. 医者にも見放された肝硬変が自然療法によって驚くほど回復した体験談です。…
  6. 子宮ガンも末期で、坐骨の骨がとけ、下腹の骨もとけてない手のほどこしようのない方の自然療法による治癒体…
  7. 浄化槽である肝臓が処理し切れなくなると、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血…
  8. 腎臓は体内の老廃物の排泄、体内の水分、塩分の調節を行うほか、過剰な酸やアルカリを外に出し、酸塩基の平…
  9. 食べ物を栄養として身となる役目をしているのは肝臓。胃腸が丈夫というのは、実は肝臓が丈夫ということ。体…
  10. 肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
ページ上部へ戻る