カテゴリー:肝臓と腎臓が健康の要

  • 肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れなくなると、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の浄化が滞ってしまう。赤血球は栄養分も酸素も運べなくなり、白血球はバイ菌を殺したり、炎症を防いで病気を予防する力を出せなくなり、血小板は弱って細胞にも活力が出なくなる。
  • 血液の浄化・活力の維持向上になくてはならない腎臓

    腎臓は体内の老廃物の排泄、体内の水分、塩分の調節を行うほか、過剰な酸やアルカリを外に出し、酸塩基の平衡調節もしている。腎臓が元気だと、生気や活気が出て元気に働け、腎臓は生きる活力とも大きな関係が。クスリに頼らず自然の植物から血液をきれいにする腎臓のクスリを摂取することか肝腎。
  • 免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養として身となる役目をしているのは肝臓。胃腸が丈夫というのは、実は肝臓が丈夫ということ。体に入った食べ物は、すべて肝臓のお世話になる。栄養分を貯蔵するのも、胆汁を作るのも、免疫力を強化するのもすべて肝臓で行われる。

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



ピックアップ記事

  1. アカザは栄養価の高い野草である。アクや臭みがなく、柔らかくて、茹でるとホウレン草のようだが、ビタミン…
  2. ニンニクには強い整腸作用があり、消化力をつけ、便秘を解消する。血液を浄化して内臓の働きを整え、万病を…
  3. ニラの独特の香気は硫化アリルによるもので、栄養的にはカロチンやビタミンB1、B2、Cが多く含まれてい…
  4. ゲンノショウコは、下痢がたちどころに治るという「現の証拠」から名付けられたほどの下痢止めの妙薬として…
  5. エビス草(決明子)の薬効は広く、驚くほどの効果がある。利尿、消化不良、胃腸病に特によく効く。便秘、慢…
  6. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  7. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  8. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  9. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  10. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
ページ上部へ戻る