カテゴリー:ヨーロッパ

  • ハーブやアロマの研究が盛んなヨーロッパ(2)

    欧州のハーブ市場は、ドイツが約半分を占め、フランスが約四分の一、続いてイタリア、英国、ポーランドの順になっています。 今後は、国によって異なる規制を統合し、欧州共通のモノグラフの整備や、相互承認システムを確立してい…
  • ハーブやアロマの研究が盛んなヨーロッパ(1)

    植物療法(フィトテラピー)の歴史が長いヨーロッパでは、日常的にハーブが用いられています。 そして、フランス、イギリス、ドイツ、ベルギー、オランダなど、ヨーロッパのフィトテラピー先進国では、国家資格を持つ 「フ…
  • ホメオパシーやヒーリングが盛んな英国

    英国で最も人気がある代替医療は、ホメオパシー、鍼、整骨療法、カイロプラクティック、催眠療法です。 ホメオパシーの人気が高い秘密は英国王室と深い関係があります。 英国王室は、これまで二百年以上にわたってホメオパ…
  • ヨーロッパの伝統・代替医療について

    ヨーロッパにおいても、ハーブや自然療法、ホメオパシー、カイロプラクティックなど様々な代替医療が利用されています。 とりわけ、ここ十数年の間に代替医療への関心が急速に高まってきており、1,987年に行われたヨーロッパ…

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



ピックアップ記事

  1. アカザは栄養価の高い野草である。アクや臭みがなく、柔らかくて、茹でるとホウレン草のようだが、ビタミン…
  2. ニンニクには強い整腸作用があり、消化力をつけ、便秘を解消する。血液を浄化して内臓の働きを整え、万病を…
  3. ニラの独特の香気は硫化アリルによるもので、栄養的にはカロチンやビタミンB1、B2、Cが多く含まれてい…
  4. ゲンノショウコは、下痢がたちどころに治るという「現の証拠」から名付けられたほどの下痢止めの妙薬として…
  5. エビス草(決明子)の薬効は広く、驚くほどの効果がある。利尿、消化不良、胃腸病に特によく効く。便秘、慢…
  6. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  7. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  8. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  9. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  10. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
ページ上部へ戻る