カテゴリー:心に働く香りやイメージ療法

  • 自律訓練法(2) 日常の多様な場面でできるセルフコントロール法

    自律訓練法には、背景公式を含めて七段階の公式があります。 これらの公式を頭の中でゆっくりと繰り返すのが基本ですが、第一と第二公式のみでも効果があります。 ・背景公式 「気持ちがとても落ち着いている」 ・第一…
  • 自律訓練法(1) 日常の多様な場面でできるセルフコントロール法

    自律訓練法は、1,920年代に心身症や神経症の治療法としてドイツのJ.H.Schultzによって開発された心身の自己弛緩法です。 自律訓練法はその後急速に発展し、医学的な治療法以外にも、 ・職場におけるストレ…
  • 瞑想

    瞑想は現代西洋医学に受け入れられている補完療法の一つです。 基本的には、体の緊張をといて、意識を集中しながら心身をリラックス状態に導く心的訓練法だと言えます。 意識の覚醒を促したり、あるいは潜在能力を高めたり…
  • イメージ療法とは?

    イメージ療法とは、リラックスした状態において、自分が望む状況や目標の具体的なイメージを頭の中に描くことで心身のケアを行う心理療法です。 また、スポーツにおけるイメージ・トレーニングもその一つで、頭の中に最高のフォー…
  • アロマテラピーとは?

    日本でもよく知られるようになったアロマテラピーは、植物から抽出した天然の精油成分(エッセンシャルオイル)を用いた治療法で、そのルーツは植物療法まで遡ることができます。 精油は古代エジプトや中国、インドなどでの伝統医…
  • カラーセラピーの応用範囲は数限りなく広い

    色彩療法(カラーセラピー)は、古代ギリシアのピポクラテスが始め、ソクラテスが確立したといわれるほど古く、現代でもヨーロッパを中心に欧米社会に広く浸透しています。 カラーセラピーは、様々な光の波長(色彩)が人体に与え…
  • サイマティックス療法とは?

    従来の音楽療法とは別に、音の振動を用いた治療法として欧米で注目されているサイマティックス療法があります。 ●サイマティックス療法(Cymatics Therapy)とは? サイマティックス療法は、新生児黄疸へ…

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



ピックアップ記事

  1. タンパク質(特に動物性タンパク質)のとり過ぎにより引き起こされる最大の弊害が骨粗鬆症。腎臓障害、ガン…
  2. 牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招く。牛乳を飲んでも骨粗鬆の予防にならないどころか、牛乳を飲めば飲むほど…
  3. 果物を食べても血糖値は急激に上昇しない。それは、果物の糖(果糖)が果物の細胞組織に拘束されているから…
  4. カラダは午前中、排泄を最も活発に行うように作られている。エネルギーを出来るだけ排泄活動の方に専念させ…
  5. ナチュラル・ハイジーンの超健康な生活を送るための超健康革命10ヶ条、その1  「バランスのとれた食事…
  6. 体には、常時ベストのコンディションを保とうとする能力(恒常性)が備わっているため、誤った生活習慣で組…
  7. 体の各部は、すべて連動して機能している。肝臓が傷つくと、全身が病気に。有害物質の解毒が出来なくなって…
  8. 「病気とは、組織を浄化し、正常な状態を取り戻すためのプロセスである。体内の毒素を取り除き、ダメージを…
  9. 病気とは、体が恒常性を保つために、体が行なう体の大掃除(有害物質の緊急排泄)なのです。有害物質の排泄…
  10. 健康のときも、病気のときも、体には同じ「生理学の法則」が支配しています。健康なときに必要としていない…
ページ上部へ戻る