カテゴリー:心に働く香りやイメージ療法

  • 自律訓練法(2) 日常の多様な場面でできるセルフコントロール法

    自律訓練法には、背景公式を含めて七段階の公式があります。 これらの公式を頭の中でゆっくりと繰り返すのが基本ですが、第一と第二公式のみでも効果があります。 ・背景公式 「気持ちがとても落ち着いている」 ・第一…
  • 自律訓練法(1) 日常の多様な場面でできるセルフコントロール法

    自律訓練法は、1,920年代に心身症や神経症の治療法としてドイツのJ.H.Schultzによって開発された心身の自己弛緩法です。 自律訓練法はその後急速に発展し、医学的な治療法以外にも、 ・職場におけるストレ…
  • 瞑想

    瞑想は現代西洋医学に受け入れられている補完療法の一つです。 基本的には、体の緊張をといて、意識を集中しながら心身をリラックス状態に導く心的訓練法だと言えます。 意識の覚醒を促したり、あるいは潜在能力を高めたり…
  • イメージ療法とは?

    イメージ療法とは、リラックスした状態において、自分が望む状況や目標の具体的なイメージを頭の中に描くことで心身のケアを行う心理療法です。 また、スポーツにおけるイメージ・トレーニングもその一つで、頭の中に最高のフォー…
  • アロマテラピーとは?

    日本でもよく知られるようになったアロマテラピーは、植物から抽出した天然の精油成分(エッセンシャルオイル)を用いた治療法で、そのルーツは植物療法まで遡ることができます。 精油は古代エジプトや中国、インドなどでの伝統医…
  • カラーセラピーの応用範囲は数限りなく広い

    色彩療法(カラーセラピー)は、古代ギリシアのピポクラテスが始め、ソクラテスが確立したといわれるほど古く、現代でもヨーロッパを中心に欧米社会に広く浸透しています。 カラーセラピーは、様々な光の波長(色彩)が人体に与え…
  • サイマティックス療法とは?

    従来の音楽療法とは別に、音の振動を用いた治療法として欧米で注目されているサイマティックス療法があります。 ●サイマティックス療法(Cymatics Therapy)とは? サイマティックス療法は、新生児黄疸へ…

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



ピックアップ記事

  1. 葉緑素の鉄分が血液をつくります。太陽のエネルギーを一杯含んだ緑の濃い野菜を沢山とるようにしましょう。…
  2. 抗ガン成分が含まれている野菜・果物について、ネットから情報を収集し、まとめてみました。野菜・果物は身…
  3. 薬も医者も病気は治せない。病気をただの風邪から、最終段階のガンにまで発展させたくなかったら、また、も…
  4. 薬は基本的に「毒」なのです。安易に薬に頼るのは控えましょう。降圧剤、コレステロール低下剤、インスリン…
  5. この書籍にはガンの三大標準治療とされている手術、放射線、抗ガン剤で何故ガンを治すことが出来ないのか、…
  6. 放射線はごく低線量(微量)であれば、決して毒ではなく、却って生命力を高めてくれる。低放射線が体内で分…
  7. 発酵食品(味噌、醤油、納豆、酢など、昔から東洋の人間が食べてきた発酵食品)の積極的な摂取は、すぐさま…
  8. 最も重要なのは食事など生活習慣の改善。生野菜やフルーツの摂取を増やし、肉や乳製品に代表される動物性タ…
  9. ヒトの体は西洋医薬などむき出しの化学物質になじまない。大部分の西洋医薬が酵素阻害剤だから。サプリメン…
  10. 血液は10日以内、腸内環境が半月から2ヶ月位、全身の細胞が2~4ヶ月位でクリーニング出来る。自然治癒…
ページ上部へ戻る